柔道の世界選手権第4日は28日、東京・日本武道館で行われ、女子63キロ級の田代未来(コマツ)は決勝で昨年に続いてクラリス・アグベニェヌ(フランス)に敗れ2位だった。アグベニェヌは3大会連続4度目の優勝。

 25歳の田代は寝技、足技がさえて順調に勝ち上がり、準決勝は2016年リオデジャネイロ五輪女王のティナ・トルステニャク(スロベニア)を破ったが、念願の世界一はならなかった。

 男子81キロ級で昨年準優勝の藤原崇太郎(日体大、小野市立小野中出身)は初戦の2回戦でウズベキスタン選手に優勢で敗れた。世界ランキング32位の相手を攻めあぐね、終了直前に大内刈りで技ありを奪...    
<記事全文を読む>