東京・日本武道館で二十七日に開かれた柔道の世界選手権女子57キロ級で、塩尻市出身でカナダ代表の出口クリスタ選手(23)が初優勝した。県柔道連盟によると、県出身者の優勝は男女を通じて初。カナダ代表ながら県勢の活躍に、出身地からは来年の東京五輪に向け期待の声が上がった。

 出口選手は三歳のときから塩尻市の長野誠心館道場で競技を始め、丘中学校から松商学園高校(松本市)、山梨学院大(甲府市)に進み、現在は日本生命に所属する。東京五輪を目指すため、二〇一七年に父の母国・カナダ代表に。国際大会の経験を重ねて成長し、初出場した昨年の世界選手権では銅メダルを獲得した。

 今大会...    
<記事全文を読む>