体操の全日本シニア・マスターズ選手権(福井新聞社後援)が8月30日、福井県福井市の県営体育館で開幕する。1日まで、シニア(1部)とマスターズ(2部)を繰り広げる。28日には事前練習が同体育館で行われた。内村航平(リンガーハット)ら出場選手が器具や動きの確認に取り組んだ。

 30日に行われる1部は東京五輪の第1次選考会も兼ね、男女約130人のトップ選手たちが団体、個人戦で競う。2部は31、1日にあり、約330人が出場する。

 大会は世界選手権代表を逃した内村や、村上茉愛(日体ク)の復活を期す大会としても注目される。男子は谷川航(セントラルスポーツ)や萱和磨(同)、...    
<記事全文を読む>