スイス・バーゼルで行われたバドミントンの世界選手権に出場した日本代表選手が27日、凱旋(がいせん)帰国し、羽田空港で記者会見した。

 【渡辺・東野組】「(敗れた)準決勝では悔しい思いをしたが、初めてのメダルが取れてうれしい」。混合ダブルスで日本勢初の銅メダルを獲得した東野有紗選手(日本ユニシス、富岡高卒)の笑顔がはじけた。

...    
<記事全文を読む>