来月開幕するラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会に臨む日本代表メンバー31人が29日に発表される。

 北海道網走市で合宿中の41人には、神戸製鋼からFB山中亮平、CTBラファエレ・ティモシー、プロップの中島イシレリと山下裕史、WTBアタアタ・モエアキオラが名を連ね、兵庫県出身のフランカー徳永祥尭(東芝、関学大出)とCTB梶村祐介(サントリー、報徳高-明大出)もいる。桜のジャージーを懸けたサバイバルは最終盤に入った。

 神鋼勢では、山中とラファエレが代表争いで優位に立つ。

 大型SOとして注目されながら2011、15年とW杯代表入りを逃してきた山中...    
<記事全文を読む>