山口市の野田学園高校卓球部3年、戸上隼輔選手(18)と県内を中心にスーパー、アルクなどを展開する丸久が27日、同市後河原の同校第二体育館で会見を開き、両者間でスポンサー契約を結んだと発表した。締結は23日。9月1日から同社の支援を受け、将来の五輪代表を目指す。

戸上選手は津市出身で中学2年の9月に野田学園中学に転校してきた。右利きで攻撃的なスタイルが特徴。今年の全国高校総体でシングルスとダブルスの2冠を獲得した。昨季からは卓球の国内最高峰リーグ「Tリーグ」にも参戦し、日本の第一人者、水谷隼選手にも勝利。2024年のパリ五輪を目指す若手として期待されている。
<記事全文を読む>