9年ぶりの日本開催となった柔道の世界選手権第3日は27日、東京・日本武道館で行われ、女子57キロ級でカナダ代表の出口クリスタ(23)=日本生命・塩尻市出身=が、決勝で昨年の同選手権覇者の芳田司(23)=コマツ=を延長の末に破り、初優勝を飾った。県勢では男女を通じて初の快挙。同じ会場で行われる来年の東京五輪へ大きな弾みとなった。

 2回戦から登場した出口は、準決勝までの4試合を全て一本勝ち。決勝は、高校時代からのライバルである芳田のペースで進んだが延長に持ち込み、最後は技ありを奪って決着をつけた。

 出口は塩尻市丘中学校から松商学園高校を経て山...    
<記事全文を読む>