柔道の世界選手権第3日は27日、東京・日本武道館で男女計2階級が行われ、2016年リオデジャネイロ五輪王者で男子73キロ級の大野将平(旭化成)が初戦の2回戦から6試合連続一本勝ちで3大会ぶり3度目の優勝を飾った。

 女子57キロ級の芳田司(コマツ)は決勝で長野県出身の出口クリスタ(カナダ)に延長の末に敗れ2連覇を逃した。芳田は準決勝でリオ五輪金メダルのラファエラ・シルバ(ブラジル)を一本背負い投げで破るなど、初戦の2回戦から4連続で一本を奪った。出口は初優勝。

 2連覇は、学生時代からしのぎを削ってきたライバルに阻まれた。決勝で同学年の出口に屈した芳田。内股や寝...    
<記事全文を読む>