【杭州市(中国)=東部総局・水野紗希】「県・浙江省友好交流卓球大会」のため中国を訪れている本県選手団を歓迎するレセプションが26日夜、大会会場のある同省杭州市内で開かれた。選手や県関係者は、朱従玖副省長ら省幹部から手厚いもてなしを受けた。
 会場ではマツタケや川魚など同省の特産品を使った料理が振る舞われ、試合を前に親睦を深めた。2015年に同省湖州市で開催された第2回大会以来、4年ぶりに参加する浜松修学舎中3年の女子生徒(15)=富士市出身=は「前回はベスト8だった。今回は攻撃的に仕掛けて成長した姿を見せたい」と意気込んだ。
 レセプションに先立って行われた吉林章仁...    
<記事全文を読む>