ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の開幕(9月20日)を前に、徳島市の市立木工会館で28日から、関連グッズを集めた所蔵品展が開かれる。9月16日まで。無料。

 ラグビーファンの兼松好恵さん(56)=万代町7、書道家=が、コレクションの中から雑誌やサイン、ジャージーなど約500点を展示する。第1回大会(1987年)で日本代表チームのキャプテンを務めた徳島市出身の林敏之さんのサインや代表ジャージーなども並べ、過去の大会の試合映像を流す。

 兼松さんは「15人でつないだトライには感動がある。展示会をきっかけにラグビーに注目してほしい」と話している。

...    
<記事全文を読む>