水泳・オープンウオーターのひめじ家島大会最終日は25日、兵庫県姫路市家島の男鹿島タテの浜から家島本島清水の浜までを泳ぐ3・2キロの部が行われ、男子総合は岡謙佑(姫路商高)が38分48秒で初優勝を飾った。

 女子総合は松下彩花(神奈川・田園SS)が38分56秒で制し、兵庫勢では、久斗菜々(姫路商高)が41分45秒で2位に入った。男女とも総合上位各3人に日本選手権(9月22日、千葉県館山市)の出場権が与えられた。

 男子総合優勝の岡と女子総合2位の久斗。姫路商高水泳部の長距離選手がそろって来月の日本選手権への切符を手にし、2人は「レース前から(出場権を)取ろうと約束...    
<記事全文を読む>