日本ラグビー協会の森重隆会長が25日、長崎市で記者会見し、9月20日開幕のワールドカップ(W杯)日本大会をPRした。県内では同市がスコットランド代表、島原市がトンガ代表のキャンプ地として受け入れ準備を進めており、「地方都市でも盛り上がっていてうれしい」と述べた。

 会見には、田上富久長崎市長と古川隆三郎島原市長、県ラグビー協会の衛藤正雄会長も同席、代表選手によるラグビー教室やパブリックビューイングなどの予定を説明した。森会長は「大会後に秋風を吹かせず、来年の東京五輪につなげることが協会の課題」とした上で、W杯をきっかけにラグビーの競技人口が増えることへの期待感を示した。 <記事全文を読む>