男子400メートルリレー決勝の吉田(斉藤、田村莉、内屋、大石)が日本中学新記録で優勝した。小学生から苦楽をともにしてきた4人が金字塔を打ち立てた。
 4人は地元のクラブで小学6年からリレーチームを組み、切磋琢磨(せっさたくま)してきた。成果が表れてきた今季は、7月の県中学総体で43秒12の県中学新。全中も予選で42秒74の東海中学新と勢いに乗った。
 号砲に合わせ、斉藤が飛び出した。「女子のリレーで日本中学新記録が出ていたので自分たちも」と気合が入った。バトンパスは詰まったが、2走田村莉は「そんなに悪くない」と好感触を得ていた。
 田村莉は100メートルと...    
<記事全文を読む>