全国中学校体育大会は24日、京都府の向日市民体育館などで5競技が行われた。佐賀県勢は3競技に出場し、体操女子団体総合の田代が121・450点で初の日本一に輝いた。同個人総合では曽根崎しずく(田代)が高い総合力を発揮し、55・350点をマークして4位入賞を果たした。

 

 陸上の男子100メートル決勝は吉田享介(西唐津)が11秒15で7位、野田浩太郎(早稲田佐賀)は11秒24で8位に入った。

 

 ◇体操最終日(向日市民体育館)

 ▽男子個人総合 (54)和木田翔(鳥栖)45・700点(57)川端海璃(三日月)45・550点

...    
<記事全文を読む>