25日に開幕する柔道の世界選手権に向け、男子66キロ級で阿部一二三(日体大)の3連覇を阻む存在として注目される丸山城志郎(ミキハウス)=福岡・沖学園高出身=が24日、東京都の味の素ナショナルトレーニングセンターで調整し、報道陣の取材に応じた。

 約1時間、乱取りなど実戦的な稽古を中心に汗を流した後、「丸山は強いと世界に言わせる柔道をしたい。66キロ級は丸山と言われる試合を」と強気に目標をぶち上げた。

 同級は26日にあり、抽せんの結果、準決勝で阿部一と対戦する組み合わせとなった。東京五輪を目指す上で、阿部一は避けては通れない相手だ。昨年のグランドスラム大阪、今年...    
<記事全文を読む>