東京パラリンピックの開幕まで25日で1年。車いすテニス女子の上地結衣(25)=明石市出身、三井住友銀行=ら既に出場が内定した選手がいる一方、多くの競技でこれから代表選考が本格化する。4年に1度のひのき舞台に向け、兵庫勢もアピールに懸命だ。

 前回のリオデジャネイロ大会には兵庫ゆかりの16人が出場した。陸上の男子400メートルリレーで銅メダルを獲得した芦田創(はじむ)(25)=丹波市出身、トヨタ自動車=は11月の世界選手権に走り幅跳びで出場を予定するなど実力をキープ。陸上では8月の世界ジュニア選手権で2大会連続の投てき種目2冠に輝いた新保大和(19)=西宮市出身、日体大=が新...    
<記事全文を読む>