世界ボクシング機構(WBO)フライ級タイトルマッチ12回戦は24日、名古屋市武田テバオーシャンアリーナで行われ、王者の田中恒成(畑中)が挑戦者の同級1位ジョナサン・ゴンサレス(プエルトリコ)を7回2分49秒、TKOで下して2度目の防衛に成功した。

 田中はボディーを効果的に決めて劣勢をひっくり返した。

 3回に1度、7回に3度倒してレフェリーが試合を止めた。

 24歳の田中の戦績は14戦全勝(8KO)で、28歳のゴンサレスは27戦22勝(13KO)3敗1分け1無効試合。

<記事全文を読む>