友にささげる金メダルだ。女子1500メートルの杉森(浜松北浜)が、決勝を棄権したライバルの思いも背負い、悲願の頂点に立った。
 決勝のレース前、細谷(静岡東)から「足の裏が痛い」と棄権を伝えられた。県大会では好レースを演じ、2人で日本一を争うと誓っていた。細谷の無念さを感じ、杉森の頬に涙が伝った。
 杉森は「記録より1位」にこだわった。想定通りの混戦となった決勝。最後の300メートルで猛烈なスパートを見せた。圧倒的なスピードで2位以下を置き去りにした。
 2年生で出場した昨年は5位。優勝した浜松北浜の先輩、米沢奈々香に続くにはラストスパートが課題と分析し、...    
<記事全文を読む>