アイスホッケーアジアリーグのひがし北海道クレインズは24日、本拠地日本製紙アイスアリーナで王子イーグルス(苫小牧)との2連戦の2戦目に臨み、1―4で敗れた。公式戦初勝利は31日に始まるアジアリーグまで持ち越しとなり、チームは同アリーナで行われる開幕戦での必勝を誓った。

 この日行われたのは、新チーム発足後の公式戦2戦目となる第91回北海道アイスホッケー競技選手権大会A級(道アイスホッケー連盟主催)。

 クレインズは第2ピリオド8分すぎに先制され、さらに2失点を喫した。第3ピリオド2分すぎにDF梁取のゴールで1点を返すと、会場は大きな拍手と歓声で沸いた。だが、終了...    
<記事全文を読む>