世界ボクシング機構(WBO)フライ級タイトルマッチの前日計量や記者会見が23日、名古屋市内で行われ、3階級王者の田中恒成(畑中、中京学院大中京高出)と挑戦者で同級1位のジョナサン・ゴンサレス(プエルトリコ)は、ともに1度目に制限体重ちょうどの50・8キロでパスした。

 田中は13勝(7KO)。サウスポーのゴンサレスは26戦22勝(13KO)2敗1分け1無効試合。田中にとっては3月に岐阜市で田口良一(ワタナベ)との初防衛を果たした以来の試合で、24日、武田テバオーシャンアリーナで行われる。

 計量前に記者会見に臨んだ田中は「課題を持ってトレーニングに取り組んできた...    
<記事全文を読む>