来年の東京五輪・パラリンピックに向け、自社製品が競技で使用されることに期待を寄せる県内企業がある。バドミントンのラケットに張るストリングを製造するLAマイスター(小山市若木町1丁目、阿部秀夫(あべひでお)社長)や、ゴルフクラブ製造のササキ(鹿沼市御成橋町2丁目、佐々木政浩(ささきまさひろ)社長)だ。開催まで1年、両社とも、自社製品が大舞台の熱戦に貢献できることを楽しみにしている。

 LAマイスターは2013年、小山市出身でバドミントンの全日本代表監督も務めた阿部社長(66)が埼玉県春日部市で設立した。昨年、手狭となったため本社と製造工場を本県に移した。

 自社ブ...    
<記事全文を読む>