小学生からシニア世代までの世代別の女子レスリングの全国大会「ジュニアクイーンズカップ・レスリング選手権大会」で優勝や準優勝した周南市の柴田あおいさん(14)=富田中学校3年、さくらこさん(9)=桜木小学校3年=姉妹が23日、市役所を訪れ、藤井律子市長に成果を報告した。

大会は日本レスリング協会主催で4月に東京であり、あおいさんは中学生の部54キロ級に出場し、持ち味の粘り強いプレーで準優勝。さくらこさんは小学3、4年生の部30キロ級で切れのある技などを繰り出し、学年別で2連覇を果たした。さくらこさんは7月に和歌山市であった「全国少年少女レスリング選手権大会」の小学校女...    
<記事全文を読む>