男子エリートケイリンは河端(日本競輪選手会)がゴール直前でトップに立った。「自分の力をアピールすることができた」と明るい表情を見せた。
 抜群の加速力で前を行く脇本らを捉えた。「ぎりぎりだったが、最後はいけると思っていた」と狙い通りの展開に胸を張った。
 日本代表活動のため、伊豆の国市などで練習に励む。東京五輪出場にはW杯などでの好成績が必須。「タイムも動きも、もっと良くなる。これからの一戦一戦を大切にしたい」と意欲を高めた。

...    
<記事全文を読む>