アイスホッケーアジアリーグのひがし北海道クレインズは23日、新チーム発足後初となる公式戦を本拠地日本製紙アイスアリーナで行い、王子イーグルスに1―4で敗れた。公式戦初戦を白星で飾ることはできなかったが、会場に集まった620人の観客が新生チームの勇姿に温かい声援を送った。

 チームの前身である十條製紙、日本製紙時代から行われてきた宿敵王子との伝統の一戦を新チームが引き継いだ第44回毎日杯(道アイスホッケー連盟など主催)。クレインズの選手たちがリンクに姿を見せると、観客は大きな拍手で選手たちを迎え入れ、「頑張れ」「勝ってくれ」などとエールが飛んだ。

...    
<記事全文を読む>