全国中学校大会は23日、大阪府など近畿各地で行われ、陸上男子棒高跳びで2年生の原口顕次朗(前橋春日)が自己ベストを20センチ上回る4メートル40で優勝を飾った。原口剛(同)は3位入賞。男子四種競技の柳田聖人(館林一)は群馬県中学新記録の2882点で銀メダルを獲得した。

(ヤンマースタジアム長居)
 【男子】▽棒高跳び決勝
(1)原口顕次朗(前橋春日)4メートル40
(3)原口剛(同)4メートル20
(8)松原功汰(四ツ葉中等)4メートル20
 ▽四種競技
(2)柳田聖人(館林一)2882点 <...    
<記事全文を読む>