二十一歳以下のホッケー世界一を決めるジュニアワールドカップ(W杯)の女子アジア予選大会=アジアホッケー連盟(AHF)主催、日本ホッケー協会共催=が、二〇二〇年四月に各務原市の川崎重工ホッケースタジアムで開かれる。二十二日、市役所で調印式があった。

 四年に一度のジュニアW杯は二一年開催予定で、開催地は未定。アジアの出場枠は年末に決まる。八カ国が戦うアジア予選は日本を含む六カ国がすでに出場を決めている。

 調印式では、AHFのタヤブ・イクラム最高経営責任者(CEO)と、今後結成する実行委で現地の最高責任者を務める横山秀AHF副会長がサインした。タヤブCEOは「日本...    
<記事全文を読む>