第五十回全国中学校サッカー大会は二十二日、奈良県葛城市新町球技場などで準々決勝四試合があった。静岡県勢は静岡学園(東海代表)が東北学院(宮城県、東北代表)に4-0で勝ち、第四十回大会以来、十年ぶりの準決勝に進出した。

 準決勝は二十三日にあり、静岡学園は葛城市新庄第一健民運動場で、前回大会覇者の日章学園(宮崎県、九州代表)と対戦する。日章学園は、多彩な攻撃力と粘り強い守備を誇るチーム。静岡学園の真価が問われる。

◆分厚い選手層 4得点快勝

 静岡学園の自慢の攻撃力が爆発した。前半ロスタイム、MF保竹駿斗選手(三...    
<記事全文を読む>