全国大会で優勝した、横須賀市を練習拠点にするアーチェリーの選手2人が21日、市役所を訪れ、上地克明市長に大会結果を報告した。

 2人は、6月の全日本社会人ターゲットアーチェリー選手権リカーブ一般男子で優勝した大貫渉選手(サガミ)と、7月の全日本小学生中学生選手権リカーブ小学生男子18メートルの部を制した、市立鴨居小学校6年の青木大河選手。どちらも、くりはま花の国アーチェリー場(同市神明町)で日々、腕を磨いている。

 昨年の世界大会で優勝した大貫選手だが、全日本選手権での優勝は初めて。大貫選手は「日本のタイトルを狙って取れたので、うれしい」と語った。一方、予選6位...    
<記事全文を読む>