東京五輪の選考を兼ねたサーフィンの世界選手権「ISAワールドサーフィンゲームス」の日本代表に選出された藤沢市出身のプロサーファー脇田紗良さん(16)が22日、同市役所を訪問し、鈴木恒夫市長に意気込みを語った。

 同選手権は9月に宮崎県で開催される。脇田さんは「(選手権は)五輪選考に関わり、過去で一番レベルが高い。チャンスはあると思っている。精いっぱい力を発揮して臨みたい」と笑顔を見せた。

 鈴木市長は「藤沢ゆかりの選手が五輪代表の有力候補となり、市民の期待が高まっている。藤沢の仲間が活躍してくれることを望んでいる」とエールを送った。

 2人は、湘南や...    
<記事全文を読む>