スポーツを核とした地域活性化に産学官で取り組む「おかやまスポーツプロモーション(SPOC)機構」は22日、岡山市内でセミナーを開き、県内の競技関係者ら約80人がリズムを使った指導法などを学んだ。

 リズム感を養うことで運動能力を高めるトレーニング「リズムジャンプ」を開発し、スポーツリズムトレーニング協会代表理事を務める津田幸保・美作大准教授が基調講演。プロ野球チームなどに、このトレーニングが採用されていることを紹介し「パフォーマンスの向上とけがの予防に役立つ」と話した。

 運動をつかさどる脳の部位が活性化されるため、ウオーミングアップの効率化や手本通りに動きを再...    
<記事全文を読む>