東京パラリンピックまで一年となるのを前に、障害者スポーツを体験するイベント「『オリ・パラ』サマーセッションin東金」が二十日、東金市の東金アリーナであった。小学生から高齢者約百八十人が参加した。

 (丸山将吾)

 イベントは、開催まで一年に迫った東京パラリンピックへの機運を高めようと、県立東金特別支援学校が主催。昨年、県教委から障害者スポーツ振興事業の指定を受け開催し、今年で二回目。

 会場では、ボッチャや車いすバスケのほか、県内で実施される車いすフェンシングやゴールボール、テコンドーの五種目の体験スペースを設けた。参加者たちはそれぞれの体験スペースでルールやこつ...    
<記事全文を読む>