世界選手権最終日は21日、東京都八王子市のエスフォルタアリーナ八王子で8人による男子複合の決勝が行われ、23歳の楢崎智亜(TEAM au)がこの種目では男女を通じて日本勢初優勝を果たし、2020年東京五輪代表に決まった。ボルダリングに続く今大会二つ目の金メダル。

 4位の原田海(かい=日新火災)を含めた上位7人(1カ国・地域2人まで)が五輪出場の前提となる「参加資格」を獲得した。日本協会は参加資格を手にした日本勢最上位の1人を五輪代表にすると定めていた。楢崎智の弟、楢崎明智(めいち)は5位、藤井快(こころ=ともにTEAM au)は6位だった。五輪で実施される複合はスピード、ボ...    
<記事全文を読む>