重量挙げ女子49キロ級の柳田瑞季(九国大職)が、29日にドイツ・マイセンで開幕する国際大会のブルースワードカップに出場する。来年の東京五輪代表選考レース対象大会の一つ。五輪2大会連続メダリストの三宅宏実(いちご)を追う26歳は「ここで結果を残し、今後に望みをつなげたい」と自己記録であるトータル176キロの更新を目標に掲げている。

 日本は東京五輪で男女とも全階級を通して3枠の開催国枠が与えられているが、1階級に1人しか出られない。国際重量挙げ連盟が指定した昨年11月~来年4月の国際大会での成績が選考材料で、柳田は選考大会の一つである昨年12月のカタールカップで176キロの自...    
<記事全文を読む>