第3回北海道極真カップ空手道選手権大会で、国際空手道連盟極真会館北海道本間道場室蘭支部の久保隼大(富岸小6年)が小6選抜で優勝、若佐紫乃(大谷室蘭高2年)が高校女子選抜の部で準優勝した。

 大会は江別で7月に行われ、学年ごとにトーナメントやリーグ戦が行われた。久保は2回戦で、強豪山本悠世(極真塚本道場)と対戦。延長にもつれ込んだが「相手の動きが重かった」とダメージを見抜くと、足技で下段を攻めて5―0で判定勝ち。「最後まで落ち着いて戦えた」と胸を張った。

 同大会初出場の若佐は決勝で自身より18センチ身長が低い竹井萌(極真宮崎道場)と対戦。リーチ差を生か...    
<記事全文を読む>