富谷市出身で2014年ソチ、18年平昌冬季五輪スケルトン男子日本代表の高橋弘篤(35)が、長年活動拠点としてきた長野県を離れ、古里でトレーニングに励んでいる。「次の22年北京は地元から目指したかった」。生まれ育った地に戻り、冬季五輪3大会連続出場への決意を新たにする。
 富谷市あけの平小、富谷二中、富谷高卒。仙台大進学後にスケルトンを始め、ソチで12位、平昌では22位となった。
 07年から長野に練習拠点を構えており、東日本大震災時も長野で海外遠征の準備中だった。「被災した友人からの『頑張ってこい』との激励が、ソチ出場への力になった」と高橋。「支えてくれた地元に貢献...    
<記事全文を読む>