ひがし北海道クレインズ(釧路市)は21日、今季のアイスホッケーアジアリーグが31日に開幕するのを前に、市内のホテルで出陣式を行った。選手は集まったファンやスポンサー約100人と交流し、新生チームでのリーグ制覇を誓った。

 実業団チームだった昨年までは、日本製紙クレインズ後援会と日本製紙クレインズ釧路応援会が主催する形で、リーグ開幕前に「激励会」を開いていたが、今年からは主体的にファンらにリーグ戦に臨む意気込みを示そうと、チーム主催の「出陣式」に改めた。

 選手が1人ずつ入場するたびに会場は大きな拍手に包まれ、チームを運営するひがし北海道クレインズ合同会社(同市)...    
<記事全文を読む>