倉敷市は21日、2020年東京五輪に向けた事前キャンプとして、重量挙げのニュージーランド(NZ)選手団が23~30日に市内に滞在すると発表した。同選手団のキャンプは昨年に続き2回目。

 選手団は19~28歳の男女各4人。市スポーツ振興課によると、NZの重量挙げの東京五輪代表はまだ決まっていないが、今回来倉する8人はいずれも代表入りする可能性がある有力選手という。

 倉敷運動公園ウエイトリフティング場(倉敷市四十瀬)で練習に励む。近くの中洲小(同市水江)児童との交流事業や、世界選手権(9月・タイ)に出場する平井隼人さんら県内有力選手との合同練習...    
<記事全文を読む>