自転車のJOCジュニアオリンピックカップが長野県松本市美鈴湖自転車競技場で行われ、大野風貴芽(岐阜第一)が、女子U17ケイリンと同500メートルタイムトライアルで2冠を達成した。大野は女子の大会最優秀選手賞にも輝いた。

 同ポイントレースでは、全国高校総体で同種目4位入賞を果たした2年生若原梨々花(同)が優勝。若原は2000メートル個人追い抜きでも2位に入った。男子U17スクラッチは、若原の双子の弟・琢磨(同)が12分48秒955で制した。

...    
<記事全文を読む>