アジアで初めての開催となるラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は九月二十日の開幕まで一カ月。決勝戦などの行われる横浜国際総合競技場(横浜市港北区)の最寄り駅の一つ・JR新横浜駅で記念イベントが行われ、一日駅長を務めた元日本代表の伊藤剛臣さん(48)が「世界最高峰の攻防の迫力を実感してほしい」と盛り上げた。

 伊藤さんは法政大や神戸製鋼などでフランカーやナンバーエイトとして活躍。W杯には一九九九、二〇〇三年に出場した。代表キャップは六十二。今大会のアンバサダーを務めている。

 記念イベントで伊藤さんは「一日駅長」のたすきを身に着け、集まったファンらを前に「二百カ...    
<記事全文を読む>