【網走】ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会は20日で開幕まで1カ月。8強入りを目指す日本代表は19日、網走市の網走スポーツ・トレーニングフィールドで合宿に入った。合宿メンバー41人は、29日に発表される31人のW杯最終登録に向けアピールした。

 この日、午前はウエートトレーニングやフォワードとバックスに分かれての練習、午後はパスやタックル、セットプレーなど実戦形式の練習を行った。ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)は練習後、「プレッシャーがかかった中でも、それぞれが自分の役割を理解してプレーできるように、細かい部分まで落とし込んでいく」と話した。

 主将のリーチ...    
<記事全文を読む>