2020年東京パラリンピックの出場を目指す南アフリカの車いすテニスチームの事前キャンプが19日、飯塚市仁保の筑豊緑地で始まった。23日まで。

 参加選手は男女シングルスやクアードの6人。この日は午前中から雨に見舞われたため、屋根付きのコートでサーブやラリーの練習を行った。エヴァンス・マリパ選手は「日本は湿度が高いので、チェアワーク(車いす操作)で滑らないように気をつけたい。東京パラリンピックに向け、まずは世界ランクを上げていきたい」と話した。

 選手たちは期間中、福智町の温泉施設「日王の湯」に宿泊。21日には筑豊緑地に隣接する筑豊ハイツで強化合宿を行う日本のジュ...    
<記事全文を読む>