バドミントンの国際大会「ヨネックス秋田マスターズ」第4日は16日、秋田市のCNAアリーナで各種目の準々決勝を行った。女子ダブルスでは志田千陽(ちはる、八郎潟町出身)、松山奈未組(再春館製薬所)がインドネシアのペアにストレート負けし、4強入りを逃した。17日は正午から同アリーナで各種目の準決勝を行う。

...    
<記事全文を読む>