2020年東京五輪・パラリンピックに向けて酒田市のホストタウン相手国・ニュージーランド(NZ)のトライアスロン代表チームが五輪前に同市で事前キャンプを行うことが決まり、11日、市役所で協定書署名式が行われた。

 同市は16年12月の第3次登録でホストタウンとなり、同市を事前キャンプ地の候補地とする基本合意を18年6月にNZトライアスロン協会と締結。今回の協定書には酒田市が▽必要な施設や練習環境の提供・調整▽宿泊施設の提供▽市内の移動支援―を行うことなどが盛り込まれた。

 署名式で丸山至市長は感謝の言葉を述べながら「できる限りの環境を準備する。...    
<記事全文を読む>