25日から東京で開かれる柔道世界選手権に向け、東京五輪のホストタウンとなっている青森市で強化合宿を行うタジキスタンの選手とコーチ計5人が12日夜、東北新幹線で新青森駅に降り立った。同国は柔道のほかにも空手、陸上の選手たちが9月にかけて同市を訪れ、順次合宿を行う。

...    
<記事全文を読む>