バドミントンの国際大会「ヨネックス秋田マスターズ2019」が13日、秋田市のCNAアリーナで開幕し、18日まで熱戦を展開する。11日は大会に出場する海外選手、スタッフが続々と本県入りした。

 このうち、タイ代表チームの選手2人、スタッフ3人は秋田新幹線でJR秋田駅に到着。宿泊先のホテルに移動し、大会スタッフから公式練習や大会の日程について説明を受けた。男子シングルスに参戦するスパニュ・アヴィヒンサノン(29)は「2週間前から大会に向けて準備してきた。全力を尽くして決勝まで進みたい」と意欲を語った。

 秋田マスターズは、主に次代を担う若手有望選...    
<記事全文を読む>