日本初開催となるスポーツクライミングの世界選手権は11日、東京都八王子市のエスフォルタアリーナ八王子で開幕して女子ボルダリング予選が行われ、昨年銀メダルの野口啓代(TEAM au)が全5課題(コース)を完登し、上位20人による準決勝に進んだ。

 野中生萌(XFLAG)伊藤ふたば(TEAM au、盛岡中央高2年)倉菜々子(ウィルスタッフ)も突破。森秋彩(茨城県連盟)と小武芽生(エスエスケイフーズ)は敗退した。ボルダリングは12日に男子予選、13日に男女の準決勝と決勝が行われる。

 今大会で日本勢はスピード、リードを含めた3種目の複合で実施される2020年東京五輪の...    
<記事全文を読む>