茨城国体(9、10月)の出場権を懸けた国体中国ブロック予選は10日から本格化し、島根県を主会場に25日まで行われる。計31競技122種目(実施済み含む)で争うブロック予選。国体の天皇杯順位(男女総合成績)で前回の11位を上回る「10位」を目標に掲げる岡山は、中国5県トップの出場権獲得と2年ぶりの予選突破率50%超えを目指す。

 岡山は昨年の福井国体で、2005年地元国体後では06年兵庫、15年和歌山に並ぶ最高成績を収めた一方、予選突破率は46・7%と3年ぶりに50%を割り込んだ。「本番では危機感が好結果につながったが、入賞の確率を上げるには一つでも多く出場権を獲得...    
<記事全文を読む>