セーリングの470級世界選手権は8日、神奈川県江の島ヨットハーバー沖で上位10艇によるメダルレース行きを懸けて第11レースまでの3レースが行われ、女子は2連覇を狙う吉田愛(ベネッセ)吉岡美帆(ベネッセ、県芦屋高出身)組が2位で進んだ。

■首位英国組に1点差 五輪切符懸かる最終日へ

...    
<記事全文を読む>