十月にドイツで開催される第四十九回世界体操競技選手権大会に、日本代表として出場する船橋市立船橋高校の選手と、同校OBら船橋ゆかりの四選手が八日、市役所に松戸徹市長を訪ね、意気込みを披露した。いずれも二〇二〇年東京五輪出場を目指す有力選手だけに、五輪への意気込みも聞いた。

 (保母哲)

 四選手は同校三年の橋本大輝(だいき)選手(18)、OBで兄弟の谷川翔(かける)選手(20)=順天堂大三年、谷川航(わたる)選手(23)と船橋市出身の萱和磨(かやかずま)選手(22)=いずれもセントラルスポーツ。橋本選手は高校生で二人目の日本代表。谷川兄弟は、今回の世界選手権代表選考会を兼ねたN...    
<記事全文を読む>