新潟県柏崎市は7日、2020年東京五輪への出場を決めている水球男子のセルビア代表が同年7月、市内で事前合宿を行うと発表した。同じく水球男子のモンテネグロ代表も、東京五輪に出場する際の事前合宿地に選んでおり、モンテネグロが出場権を得れば、2カ国が五輪直前の練習を行うことになる。

 セルビアは16年のリオデジャネイロ五輪で金メダルを獲得した強豪国。6月のワールドリーグで優勝し、東京五輪出場を決めた。

 7月に韓国で開かれた世界水泳の事前合宿を柏崎市で行っており、最終日の11日にデヤン・サヴィッチ監督が東京五輪でも事前合宿を行う意向を市側に伝えた。...    
<記事全文を読む>